うつ病について

うつ病の対応

当サイトではうつ病について取り上げています。 例えば様々な事例別に、本人だけでなく周りにいる皆さんの対応の仕方などをまとめています。 職場での接し方やおすすめの仕事や、また看護で気をつけたいことや検査についてなどです。 病気への理解や知識がなく困っている方はもちろん、仕事を続ける患者さんも多いので様々なシーンで気を付ける事などが掲載されています。本人もなろうとしてなった病気ではないけれど、はじめて接する時に困らないよう準備をしておくのも大切です。

職場でのうつ病の人との接し方

職場でのうつ病の人との接し方 うつ病の人と職場で一緒に働く場合、接し方が分からないというケースがあります。ゆっくり休暇を取りたいと本人からの申し出や医師からの診断書があれば、まず休暇を取らせあげることが大事です。静養しやすい環境作りも、職場の理解もこの場合は必要です。また、仕事を続けた方が治療に良いといううつ病の方も多くいるのも事実です。その際の仕事上の接し方は励ましの言葉よりも「自分のペースでやっていいよ」という雰囲気作りです。うつ病の人は周りに迷惑をかけていることは重々理解していて、申し訳なく感じています。うつ病になる前と変わらず接しつつも、頑張らなくていいよ、いつでも手伝うよと余裕がある態度で接することで、助けをすぐに求められるようにしておくのが大事になってきます。

うつ病にはいくつかのサインがある

うつ病にはいくつかのサインがある うつ病の怖いところは、いわゆる目に見えるケガとは違い、自他ともに自覚症状があまりない点です。個人差はありますが、具体的な前触れがない場合もあります。知らず知らずのうちにうつ病になっていたという事例も、世間的には少なくありません。 ただ、うつ病にはいくつかのサインがあります。一例として挙げられるのが、意欲の低下です。仕事への熱意を突然失ったり、長年ライフワークとして続けていた趣味の活動に突如として関心を失ったりと、こういったサインが出てきたら精神の疲弊を少し疑った方が良いでしょう。 次に挙げられるのが、パフォーマンスの低下です。個人差はあるものの、今までなら簡単に済ませられていた雑用や家事、比較的簡単な計算や読み書きなどが、突然出来なくなったら、精神的に疲れが溜まっているサインです。急に書類の誤字脱字が増えたり、今までは暗算で処理できた計算を頻繁に間違えたり、家事や雑用の中でケアレスミスが増えたら要注意です。 そして最後に気を付けたいのが漠然とした不安感に襲われる事です。実際には起きる可能性が低いもの、まだ具体的なリスクが発生していない事などを、執拗に心配してしまい不安な気持ちに一日中とらわれるようになったら、精神のバランスが崩れている可能性があります。

うつ病カウンセリングを検索

本町でうつ病カウンセリングを探すなら