うつ病について

うつ病の対応

当サイトではうつ病について取り上げています。 例えば様々な事例別に、本人だけでなく周りにいる皆さんの対応の仕方などをまとめています。 職場での接し方やおすすめの仕事や、また看護で気をつけたいことや検査についてなどです。 病気への理解や知識がなく困っている方はもちろん、仕事を続ける患者さんも多いので様々なシーンで気を付ける事などが掲載されています。本人もなろうとしてなった病気ではないけれど、はじめて接する時に困らないよう準備をしておくのも大切です。

職場でのうつ病の人との接し方

職場でのうつ病の人との接し方 うつ病の人と職場で一緒に働く場合、接し方が分からないというケースがあります。
ゆっくり休暇を取りたいと本人からの申し出や医師からの診断書があれば、まず休暇を取らせあげることが大事です。
静養しやすい環境作りも、職場の理解もこの場合は必要です。
また、仕事を続けた方が治療に良いといううつ病の方も多くいるのも事実です。
その際の仕事上の接し方は励ましの言葉よりも「自分のペースでやっていいよ」という雰囲気作りです。
うつ病の人は周りに迷惑をかけていることは重々理解していて、申し訳なく感じています。
うつ病になる前と変わらず接しつつも、頑張らなくていいよ、いつでも手伝うよと余裕がある態度で接することで、助けをすぐに求められるようにしておくのが大事になってきます。

うつ病にはいくつかのサインがある

うつ病にはいくつかのサインがある うつ病の怖いところは、いわゆる目に見えるケガとは違い、自他ともに自覚症状があまりない点です。
個人差はありますが、具体的な前触れがない場合もあります。
知らず知らずのうちにうつ病になっていたという事例も、世間的には少なくありません。
ただ、うつ病にはいくつかのサインがあります。
一例として挙げられるのが、意欲の低下です。
仕事への熱意を突然失ったり、長年ライフワークとして続けていた趣味の活動に突如として関心を失ったりと、こういったサインが出てきたら精神の疲弊を少し疑った方が良いでしょう。
次に挙げられるのが、パフォーマンスの低下です。
個人差はあるものの、今までなら簡単に済ませられていた雑用や家事、比較的簡単な計算や読み書きなどが、突然出来なくなったら、精神的に疲れが溜まっているサインです。
急に書類の誤字脱字が増えたり、今までは暗算で処理できた計算を頻繁に間違えたり、家事や雑用の中でケアレスミスが増えたら要注意です。
そして最後に気を付けたいのが漠然とした不安感に襲われる事です。
実際には起きる可能性が低いもの、まだ具体的なリスクが発生していない事などを、執拗に心配してしまい不安な気持ちに一日中とらわれるようになったら、精神のバランスが崩れている可能性があります。

うつ病は気分の変化についてチャックして観察します

うつ病は気分の抑圧が定期的、または継続的に起こる現象です。
現在は薬によってある程度の症状は抑えられるようになっており、通院と診察によって処方される内服薬を飲みながら経過を観測するのが一般的な治療方法です。
生真面目な日本人には国民病と呼ばれるほどポピュラーな症状で、現在患者数は1000万人が居ると言われています。
うつ病は自覚症状のない物から、日常的な行動にも支障のあるレベルまで幅広い段階があるために、一人一人に寄り添った治療が必要だと指摘されております。
内服薬だけではなく、適度な運動やバランスの良い食事は脳内物質の受容体を刺激するため、治療法の一環として運動と食事療法は推奨されています。
また睡眠の質も大切なため、適度な運動は睡眠導入のためには出来る限りした方が良いと言われております。
気分が落ち込むことが多くなった、笑顔が少なくなって何をするのにも気力がなくなったなど、自己診断も出来ます。
該当チェックシートを見てテストしてみて、当てはまる項目が多い場合は病院を受診することがお勧めです。

うつ病ってどんな病気なのか、その症状について見ていきましょう

心理的なストレス・更に脳内の変化によってうつ病を発症することは多いです。
同じ状況に置かれても問題ない方もおり、どうやら体質も関係しているようです。
病気なのですから適切な治療が必要、予兆を見逃さないことです。
心の病気であるうつ病ですが、意欲や興味の減退・不安といった精神的症状だけでなく睡眠障害・疲労感・首や肩の凝り・頭痛などの体の不調も出てきます。
ただし血液検査や画像検査を行っても異常を見つけ出すことはできず、専門家も診断が難しいです。
口数が少なくなったりイライラしている様子を見せている・遅刻や欠勤が多いといった症状を見かけたら、そのサインを正しくとらえて仕事を休ませる・医師の元を診断させるなどの判断を、できれば周りの方にやってもらいたいものです。
実は本人が気づきにくいという特徴もあり、ついつい無理をして気が付くとかなり重症化していたなんてケースもよくあるのです。
職場ならば産業医に相談するのもおすすめです。

うつ病で感じる憂鬱さや不安感には注意が必要です。

"誰もが日常生活の中で憂鬱になったり不安な気分を感じることは当たり前にあることです。人間関係が思うように言っていなかったり仕事や試験で失敗してしまったり、あるいは大切な人やペットとの別れを原因として辛い気持ちになることはむしろ普通の感情の変化です。ただ、その際にはその落ち込んだ気持ちは原因の解消や気分転換、あるいは単に時間の経過とともに次第に癒やされて回復されなければなりません。 一方で、そのような不安感や憂鬱な気持ちがうつ病に由来している場合には注意が必要です。うつ病が原因としている場合、最初のきっかけはなにか原因があったかもしれません。でもその原因が解決しても気分が回復しません。また、何も心当たりがないのに無気力になり、仕事や学校に行けなくなったり家事がままならなくなってしまいます。なお、そのような状態が悪化し日常生活に大きな支障をきたす事態に陥ってしまった場合しかるべき専門機関に相談するのがおすすめです。

うつ病の治療で使われる抗うつ薬の種類と副作用

現代の心の病といわれるうつ病は、症状や状況に応じて様々な治療が行われます。うつ病でも中程度や重症と診断される場合は、抗うつ薬が使われることが多くなります。その中でも特に初期段階で使用されるのが、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬、SNRIのセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬、NaSSAであるノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬の3種類です。効果が実証されている薬ですが、実際にその人個人個人に聞くかどうかは数週間使ってみなければわからないため、6週間から8週間使用したところで効果を判定し、効果があれば継続して使用し、効果が認められない場合は別の薬に切り替えます。心配される副作用ですが、SSRIは吐き気や食欲不振、下痢が発生しやすくなります。また、SNRIでも吐き気や頭痛とともに、尿が出にくいなどの症状が出るようです。NaSSAは眠気や体重増加の副作用が報告されています。

うつ病カウンセリングを検索

本町でうつ病相談をする