血液検査で分かる?

うつ病の対応

血液検査で分かる?

血液検査で分かる? 心の風邪と言われており、一生に一度は誰でもなる可能性があるのがうつ病です。
ほとんどの病院が問診で病気の程度や種類を判別しています。
ですから、本人の自覚がなかったり、症状の波があるとわかりにくい場合があります。
そのような中で、客観的にうつ病かどうか判断する方法として血液検査があります。
血液の中のEPA濃度を調べることでうつ病かどうか判断するのです。
症状が安定しているときは濃度も一定のレベルになりますが、そうでない場合は下がったりします。
患者の中には自分がうつ病ではないと認めない人もいますから、このような検査方法は必要です。
また、医師の問診によって診察結果が変わるとなると困りますが、このような方法だとどこにいっても安心して治療を行うことが出来ます。
心の病気ですから、正確に診断するのは難しいですが、このようにどこにいっても同じ基準で診察ができるようになると患者さんも助かりますし、周りの家族や友達もサポートがしやすくなります。

うつ病になりやすい人は、真面目で責任感が強い人

うつ病になりやすい人は、真面目で責任感が強い人 現代は5人に1人がうつ病などのこころの病気にかかっており、その原因には「ストレス」が大きく関係しています。
うつ病になりやすい人の特徴には「真面目で責任感が強い」という点が挙げられ、完璧主義で人に頼み事をされると断れない、妥協できないという人も注意が必要です。
そのような人は、ストレスをうまく受け流したり、発散したりすることが苦手なため、知らず知らずのうちに自分が思っている以上のストレスを抱えてしまっています。
「自分がうつになるわけがない」と、自分を追い込んでストレスを溜めこみがちなため、こころのバランスを崩しやすく、うつ病を発症するリスクが高いと考えられています。
また、女性は男性に比べて、こころの病にかかる人が約2倍近くいます。生理や妊娠などで女性ホルモンの分泌が減少することで、抑うつ的な気持ちが高まることが原因として挙げられます。
うつ病を予防するためには、健康的な食事や規則正しい生活を心掛け、定期的にストレスを発散する方法を見出しておくことが重要です。